銀行との取引に必須な銀行印

銀行印イメージ

会社で使う大事な印鑑に銀行印があります。
法人口座を作る際に必要ですし、手形や小切手の振り出しにも使われます。

銀行印は会社の中でも経理部門の人が使う事が多いので、代表社印とは分けて使う方が効率が良さそうです。

銀行印の大きさ

銀行印にも特に厳密にサイズや材質が決められているわけではありません。
しかし代表社印と区別がつきやすいように少し小さめで作る会社が多いですね。

16ミリ、18ミリ、21ミリなど様々なサイズの銀行印が売られています。

形状も寸胴タイプや天丸タイプと多彩で、使いやすさに応じてサイズは形状は決めていきたいですね。

銀行印の保管場所

お金が直接かかわってくる銀行印ですので、保管場所には特に注意を払いましょう。
使う頻度が多いのが経理部門でしたら、その近くにある金庫に保管が安全です。

それ程大きくない会社で、事務所のスペースも小さなものでしたら貴重品や代表社印と一緒の金庫に保管でも大丈夫でしょう。
大事な印鑑ですので、盗難や紛失に注意して管理しましょう。

法人口座は売上の管理や、経費の管理などに使われ会社の運営に深くかかわる部分です。
ここをおろそかにする会社に発展はありません。

会社の規模にかかわらず重要な事ですので、お金の流れをしっかり把握して健全な会社運営をしていきたいですね。

ページの先頭へ