個人ベースの会社でも使用頻度の高い社印

社印イメージ

個人で会社を運営していても必要になる印鑑。
使う場面や頻度は大きな会社と大差なく、会社運営には必要なものです。

個人であっても取引が発生するなら、契約があってそれを取り交わし、双方の合意がなされて初めて契約が成立します。

会社の規模にかかわらず信用が大事な契約ですので、印鑑の重みも同じなのです。

社印が必要な場面

個人で事業をしていても、商品がありそれを提供している限り契約書や請求書、領収書の発行が必要です。

このような書類はやはり使用頻度が高く、取引件数が多ければ多い程、押印の場面も増えていきます。

取引先と契約を交わす場面、商品を納品する場面、商品を買っていただいた場面、代金を請求する場面と沢山の場面で社印は活躍します。

1日に押印する件数が大きくなっても、ビジネスにとって重要な場面で押印されるのが社印ですので、しっかり確認しながら押印したいですね。

簡易な場面で使われるゴム印

日常的に多くの押印が必要だが、それほど押印には法的な効力は無いような場面で使われるのがゴム印。

社内文書であったり、手書きするのは量が多すぎて効率が悪い場合などに使われます。

1日1000枚とかの書類に会社名書くとかもう拷問ですよね。
それなら最初から印刷してしまうか、ゴム印でポンポンと押印した方が時間の節約になります。

個人の会社でもゴム印を使うメリットは高く、より効率的に仕事をしないといけない個人事業の方が効果を実感できるんじゃないでしょうか。

ページの先頭へ